テクノロジー

©shutterstock
#MobilityLifeBalance

交通安全–グローバル規模の問題

時間を読んでいる分
Tags: , 安全, #MobilityLifeBalance
交通安全に関しては、国によって大きな違いがあります。国連(UN)は「すべての国で販売されている車の80%が優先安全基準を満たしていません」と警告しています。
Friederike Pater, 7月 01, 2019
author_image
Friederike Pater 大学でジャーナリズムを専攻。自動車関係にとどまらず、最新の技術トレンドに関する記事を発表している。世界を旅しながらあらゆるテーマに接し、さまざまな旅の印象を新しいストーリーへと昇華させている。
通常は数秒です。交差点で信号が青に変わり、トラックが右折を始め、死角に入っていたサイクリストにぶつかります。これは、しばしば死に至らしめられる多くのシナリオの1つに過ぎません。世界のどこかで平均して23秒に1人が交通事故で亡くなっています。世界保健機関(WHO)は、最新の「交通安全の世界状況報告2018版」(Global Status Report on Road Safety2018)の中で、この統計を挙げているだけでなく、WHOのウェブサイトのライブニュースは、次の交通事故犠牲者が出るまでの秒数をカウントし、それを全体の合計に加算しています。2016年には135万人が交通事故で亡くなっています。これは過去3年間で10万人の増加に相当します。

法制措置が根拠を構築

交通事故死者数は、特に低所得国で増加し続けています。これらの国は世界乗用車数の1%を占めるに過ぎませんが、交通事故死傷者は世界全体の13%をも占めています。これには法律不備、インフラ不足、交通安全教育が不十分、そして、とりわけ、自動車における安全基準の欠如など、多くの理由が挙げられます。
「私たちは、何が良い法律を作るのかを知っています。私たちはこの知識を規制がさほど徹底されていない他の国々と共有する必要があります。しかし、法律があるだけでは十分ではありません。法律は人々によって実施され、勘案されなければなりません」と、WHOの非伝染病 障害 暴力 傷害予防管理部門の責任者であるEtienne Krugは説明します。同氏によれば、リスク認識を高めるためには交通安全教育が必要です。多くの国では、必ずしもシートベルトやヘルメットを着用しているとは限りません。親は往々にして、子どもの模範となっていません。そのため、WHOは学校やその他の教育機関での交通安全教育のためのグローバルキャンペーンを実施しています。WHOの報告書によると、シートベルト着用がドライバーや前席乗員の死亡リスクを45~50%減少させるという、これらの基準の重要性が実証されています。現在、合計53億人相当を占める100以上の国々でシートベルト法が施行されています。
「各国が行動を起こし、より多くの対策を講じることになると私は楽観しています。結局のところ、それは人間的にも経済的にも理に叶っています。何よりも予防の話題がますます重要になるでしょう。」
— WHO非伝染病 障害 暴力 傷害予防管理部門長Etienne Krug

安全性向上における共通目標

低所得国では、歩行者、自転車、オートバイを伴う死亡者数が全死亡者の半数以上を占めています。最も脆弱な道路利用者を保護するべく、インフラが改善されなければなりません。より安全な横断歩道、自転車レーン、さらにはトラフィック カーミング対策が不可欠です。1,800万人以上の人口を抱えるインドのムンバイ市に見られるような過負荷インフラでは、サービスとしてのモビリティ(MaaS)の原則に基づくシャトル運行によって、道路利用者の数を減らし、ひいては事故のリスクを減らすことができます。
安全システムの一貫した使用はそのような状況を回避するのに役立ちます。

車両の安全性不足への着目

「改善すべき要因は多岐にわたります。これには事故後の医療、車両やインフラの質、路上での人々の行動も含まれます」とEtienne Krugは述べます。世界の80%の国で販売されている車が優先安全基準を満たしていません。国連自動車規制調和世界フォーラムは、電子安定性制御、前面および側面の衝撃保護、歩行者の前面保護など、アクティブシステムとパッシブシステムで構成される7つの自動車安全基準を推奨しています。7つの基準をすべて満たしている国は、主に平均所得の高い国であり、全体に占める割合は40%にすぎません。そのため、 衝突事故の撲滅 開発途上国の意思決定者に安全システムの有効性を示すべく、ライブデモを利用したキャンペーンが実施されました。
23 秒数
統計的には23秒に1人が路上で命を落としていることになります。

先進的な運転支援システムによる安全性向上

こうした安全システムは、欧州ではすでに自動車登録の要件となっています。人口100万人当たりの交通事故死者数は平均49人という優れた数字を誇示するこの大陸の道路は世界で最も安全です。それにもかかわらず、EU(EU)は、2020年までに交通死傷者の数を半減させるという目標を達成することができないでしょう。「ビジョン0」というのが長期目標であり、EUは2050年までに死者と重傷者の数を実質的にゼロにしたいと考えています。この目標を達成するために、EUはヒューマンエラーをよりうまく相殺できる交通システムの開発を含む「安全システム」アプローチを追求しています。この計画は予測衝突回避システム、インテリジェントスピードアシスト、死角アシストなどの先進的な運転支援システム(ADAS)に大きく依存しています。
今後,自動支援システムと完全自動運転は,重大または致命的な事故のない道路交通のための重要なツールになるでしょう。目標は、人工知能と巨大な演算能力を備えたネットワーク化された車両が交通状況を認識し、正しい判断を下すことができるようにすることです。

#モビリティ ライフ バランス

ZFは率先して、モビリティの提供に関して人々に真正面から向き合い、どこでどのように改善できるかを実証します。

関連記事