image

ZFが可能にした「見て、考えて、動かす」くるま

優れた専門技術により、ZFはカメラやレーダー等の環境センサー(「見て」)を車両に搭載された中央電子制御ユニット(「考えて」)と統合しました。そして、駆動系やシャシ、ステアリング・システムに搭載されたインテリジェントなメカトロニクスによって、検知情報を車体の操縦動作へと変換します(「動かす」)。

「見て、考えて、動かす」という3本の矢が、ZFが自らを導く指針であり、技術がもたらす独自の営業提案ともなっています。ZFはこの包括的なノウハウをモビリティや安全性、効率、そして自動運転といったメガトレンドに対応する個別のソリューションとしてだけではなく、包括的かつ知性を備えた各種システムの設計にも応用しています。

ZF

「見る」:最新環境センサー

周辺環境を完全かつ詳細に認識するシステムは、あらゆる自動運転システムにおいてまず最初に必要となるものです。周辺環境に対応する動きを取るためには、道路状況や車線表示、周辺に存在する人や車両を認知できなければなりません。 センサーに関する専門技術を活用し、ZFはくるまに必要な「目」を実現しました。それは最新のカメラ式、あるいはレーダー式やライダー式の各種センサーであり、それらが周辺環境を認識し、起こりうる状況をそれぞれが連係して最大限完全な視覚情報として提供します。

「考える」: インテリジェントな電子制御ユニット(ECU)

ZFの電子制御ユニット(ECU)は、自動運転システムの高性能コンピュータ部とスイッチ部として機能し、つまりはくるまの頭脳を形成します。 センサーからの信号を収集・解析し、それらを統合して3Dの全周囲画像を作成します。ECUはこのデータを基に、状況に応じた最適な動作を瞬時に算定し、くるまにとって最良の動きを決定します。前方車両との距離が近すぎないか、駆動系の遮断だけで十分なのか、それともブレーキ動作が必要なのか、といった判定です。 ソフトウェアがこれらに必要なコマンドをメカトロニクス式のアクチュエータに送信します。

「動かす」: 無数のアクチュエータを駆使

危険な状況を検知し、回避方法を考えることができたとしても、それをくるまの動作に反映できなければ意味がありません。 「目」と「頭脳」だけでなく、ZFは自動運転システムに必要な「筋肉」もしっかり用意しています。それはブレーキやステアリング、シャシ・システム等のメカトロニクス式アクチュエータ各種であり、それらが現在の交通状況に瞬時に応答し、制御ユニットが算定した動作を正確に実行します。 これらによって、くるまは自動で車線中央を維持し、カーブの手前で最適な減速を実行し、狭いスペースへの駐車も自動で取り回しします。それだけではありません。ZFイノベーション・トラックに装備された危険回避操舵支援機構(EMA)が示すとおり、突然現れる障害物を自動で回避し、ブレーキも自動で動作します。

「見て、考えて、動かす」に関連する記事はこちら