see. think. act.
問い合せる

問い合せる

Loop_00276

スマート・ロジスティクスの形成

Lorem ipsum

Loop_1

生産プロセスとイントラ・ロジスティック・プロセス

予測メンテナンス
資産追跡
プラトーニング

予測メンテナンス

ダウンタイムはフリート運用にかかる運営コストを増大させます。ZFの予測メンテナンス機能は、メンテナンスの間隔を実際の使用に合わせて調節するため、不要なコストがかからないようにします。
予測メンテナンスを使用すると、新しい輸送オーダーに対して適切な車両が自動的に選択されます。ここでは、メンテナンス履歴と車両の状態が重要な要素となります。例えば新しいオーダーの輸送距離が5,000kmの場合、この距離の間オイル交換やメンテナンスを必要としない車両が選択されます。

ZFの予測メンテナンス機能は、車両の状況を確認する際に走行距離やメンテナンス間隔を使用しません。この機能は、トランスミッションオイルやクラッチディスクを常にモニタリングして、トランスミッションオイルの次の交換時期やクラッチディスクの残りの寿命を予測します。次の輸送ジョブに対してトラックが適切かどうかはこれに基づいて判断されます。

例えば、クラッチディスクの残りの寿命が3,000kmの場合、5,000kmの輸送オーダーは、クラッチディスクが破損するリスクが非常に高くなります。この場合、ZFの予測メンテナンスシステムは、点検修理の予定を手配してオーダーは他の車両に割り当てます。
メンテナンス間隔は、実際の使用データに基づき、ZFクラウドでリアルタイムに計算されます。フリートにとっては、点検間隔が長くダウンタイムが少ないほど総所有コスト(TCO)が低減し、メリットがあります。

予測メンテナンス

資産追跡

1. OPENMATICSの資産追跡ソリューションでは、輸送中は常に積荷を追跡することができます。ブルートゥーススマートタグ(Bluetooth Smart TAG)が常に積荷に付けられており、タグから場所、商品の状態、冷蔵チェーンへの対応に関するデータが常時送信されます。

2. OPENMATICSの資産追跡ソリューションにより、運送業者はウェブポータルとアプリで輸送プロセスを常に監視できます。これによって運送業者は、必要となれば早期に対応して品質管理のための完全な文書を提供することが可能になります。

3. OPENMATICSのテレマティクスソリューションでは、運送業者は車両をネットワーク化できるため、安全でインテリジェントな運用を行い、車両を最高の状態に維持することができます。

資産追跡

プラトーニング

1. プラトーニングは、車両の流れを改善して事故を減らします。また、燃費と汚染物質の排出も低減します。

2. 隊列走行時、車両は相互接続されます。後方のトラックは、前方の車両との間隔を詰めて一定の距離を保ちます。

3. 車間距離を小さくすることにより、後方車両への空気抵抗が低減されます。また、先頭車両後部への乱流も小さくなります。この結果、両方の車両がプラトーニングによるメリットを得られ、燃費を抑えることができます。

4. プラトーニングでは最初のトラックが速度を決定するため、一台の車両のように動きます。車両間通信によって、加速とブレーキの信号が後続のトラックに高い精度で送信されます。

5. 後部のトラックの制御システムは、人間より素早く反応して調整しながら先頭車両を操縦します。これにより、プラトーニングは道路の安全に大きく貢献します。

プラトーニング
Loop_3

自動ターミナル

Loop_4

ラストマイルデリバリー

スマート・ロジスティクスの形成
生産プロセスとイントラ・ロジスティック・プロセス
長距離輸送
自動ターミナル
ラストマイルデリバリー

関連トピック