VISION マガジン
zf.com
zf.com

テクノロジー

©ZF

ZFの#MobilityLifeBalance向上への意欲

時間を読んでいる分
Tags: #MobilityLifeBalance

新しいテーマキャンペーンでZFは、モビリティ・オプションの中心に人間を据え、ソリューションとその成功する使い方、応用分野を提供します。
Andreas Neemann, 2019/07/01
author_image
Andreas Neemann 2001年、ZFで6HPトランスミッションに関する記事を初めて執筆。それ以来、自動車分野のライターとして社内外の読者に向け多くの記事を提供し、ZFグループのより複雑な話題も情熱をもって語ってきました。
正直に答えてください:移動するのが好きですか?モビリティはとかくストレスを生み出すものです。そのストレスの具体的な原因、車で渋滞に嵌っているか、電車が止まるか遅くなるかでハラハラするか、田舎で公共交通の手段がなくて困っているかは、あまり関係がありません。さらに、都市では大気汚染が年々ひどくなっています。移動はしかし、人間の基本的な要求です。モビリティの可能性は従って、人間のそれぞれの生き方にマッチしたものでなければなりません。

これから数か月、ZFではこの現代の重要なテーマ #MobilityLifeBalance に取り組んでいきます。モビリティに関するあらゆるオプションと、ライフスタイルのイメージのバランスがどこで崩れてきてしまっているか、キャンペーンが示します。常に利用可能、コストも手ごろ、クリーンで安全なモビリティを求めながらも、実際には渋滞や排気ガス、ニーズに応えるオプションがないという現実が頻繁に立ちはだかっているのが実情です。
©shutterstock
道路の混雑はたくさんの都市で日常茶飯事です。

私たちの生活にフィットしたモビリティ

「Next Generation Mobility」という企業戦略でZFは日々、明日のモビリティがすべての人にアクセス可能で、しかも手頃な値段で簡単に使え、安全かつ快適、しかも効率よく持続可能なものになることを目指し、邁進しています。ZFは#MobilityLifeBalance-Initiativeの中でこの姿勢に焦点を絞っていきます。ここで最優先されるのはモビリティを必要とするすべての人とそのニーズです。
ZFはMobility-Life-Balanceをもたらす数々のソリューションを提供していきます。それは、Eモビリティ、自律型自動運転、安全性、走行快適性をさらに充実・改善させていくことを意味しています。これこそ、ZFが目指す戦略的テーマキャンペーンである「Next Generation Mobility」を築き上げていくことにほかなりません。そこでIAA国際モーターショー2019でもZFは、#MobilityLifeBalanceをさらに充実というモットーで出展します。
ネットではこのキャンペーンは以下のサイト www.mobilitylifebalance.com で問題提起や取り組み方について、多彩な情報やよくある例を挙げながら詳しく紹介されています。
©getty images
たくさんの大都市ではスモッグはつきものとなっています。
常に利用可能、コストも手ごろ、クリーンで安全なモビリティを求めながらも、実際には渋滞や排気ガス、ニーズに応えるオプションがないという現実が頻繁に立ちはだかっているのが実情です。

この記事はこのシリーズにマッチします