テクノロジー

©alamy
#MobilityLifeBalance

直面する課題の深化と無力感の進行

時間を読んでいる分
Tags: , AutonomousDriving, #MobilityLifeBalance

多くの人にとって、自分自信の時間を使って何をするのかを決めるという選択肢を持つことは贅沢であり、それは規則というより例外です。そして、何かを決められない人は、すぐにストレスを感じます。
Achim Neuwirth, 2019/07/01
author_image
Achim Neuwirth 2011年以来ZFで記事を執筆。車両と車両技術から運転や交通関連まで、自動車分野のあらゆる話題を専門としています。
この状態は、日常の通勤においてしばしば発生します。これについては早急の対策が必要です。ラウンドアバウト交差点を離れる際には方向指示器を用いたり、対向車や速度制限に注意しながら自転車を追い越す時の最短距離を観察したり、運転中はシートベルトを外さないように後部座席の子供に説明しつつ、迂回路標識を見逃したりするなど、これらはすべての自動車運転者にお馴染みのシナリオです。しかし、これはまた、大半の場合、車の運転はリラックスした活動ではないことを物語っています。

複雑さが増すごとに快適さが低下

複雑さが増すごとに快適さが低下

それにもかかわらず、日常的に乗用車を利用する人が増えています。特に通勤が25キロを超える人に言えることで、ドイツでは、25キロから50キロの範囲(2回)で働く人の84%がマイカー通勤をしています。全般的に見て、車は依然として最も重要な交通手段であり、それはすべての人に当てはまります。2040年になっても、時間と場所という点で柔軟性を保証してくれるでしょう。
しかし、AからBへの移動を早く、かつ、リラックスしてできるという信仰は希望的観測になりつつあります。時間がかかるのは交通渋滞だけではありません。目的地の駐車場を探すことは、個人のスケジュールをすぐに台無しにしてしまいます。例えば、イギリスでは、車の運転手が駐車スペースを探すのに費やす時間数は年間40時間に達します。自動車の自由と快適さに対するもう1つの障害は、ますます複雑化する道路交通状況が原因となっています。交通標識は今や森のようで、何年も邪魔されることなく成長しています。ドイツでは、複雑さを増す一方の交通標識が、平均すると、28メートルごとに現れます。車両の操作もますます複雑になっています。数年前までは、(カー)エアコンは見なくてもロータリースイッチを使用するだけで瞬時に操作できていました。現在、ドライバーはタッチディスプレイを見て、メニューやサブメニューをスクロールしなければなりません。
© シャッターストック
複雑な道路交通状況はドライバーに多くの課題を提示します

56 盲目運転の
距離
ドライバーが時速100km/hで走行する場合、わずか2秒間だけ目を逸らすだけで危険にさらされます。

電子支援(システム)がドライバーのミスを修正

電子支援(システム)がドライバーのミスを修正

これまでに挙げたいくつかの例では、私たちが自動車の内部と外部の複雑さの進化に直面していることが示唆されます。複雑さとストレスのレベルは主観的なパラメータですが、注意散漫がどれだけ危険であるかについては疑いの余地はありません。注意散漫が事故の2番目に多い原因です。交通事故の90%以上がヒューマンエラーによるものであり、背景には、運転者の注意散漫が挙げられます。つまり、電子支援システムが運転者の生活を簡素化するだけでなく、安全性の向上にも寄与することを意味します。したがって、アシスト運転モードでは、各種のセンサーが交通状況と運転者の注意力を同時に監視していることが好ましいと思われます。そして、支援システムは何かが起こる前に効果的に作動して予防措置を講じてくれます。

正確にネットワーク化した電子助手

正確にネットワーク化した電子助手

少なくともそれが理論です。実際には、多くの支援システムの動作はまだ直感的ではないか、または自明の手段で応答することができません。多くの場合、車内では多くの異音が発生し、乗客はすぐに何が起こっているのかを知ることなく、シートベルトに肩を引っ張られているのかもしれません。したがって、電子支援システムの付加価値は提供されません。システム自体がさらに別のストレス要因になるという点では、まったく逆です。せっかちなドライバーは、煩わしいと思われるアシスタントを無効にすることがよくありますが、これはもちろん、基本的な概念に矛盾します。
しかし、運転手の中には、どのような電子助手が搭載されているか分からないだけでなく、どのようにセットアップすればいいのかさえ分からない人も多いのです。このジレンマを解決する可能性がある方法とは、より高度な自動運転のほか、コックピットと操作コンセプトの統合によるものです。より多くの運転支援機能が併用される場合、アシスタントはより調和して応答します。そうすれば、運転手が本当に楽になります。これにより、アダプティブ クルーズ コントロール(定速走行 車間距離制御装置)はレーンキープアシスト(車線維持補助装置)が何をしているかを正確に把握でき、その逆もしかりとなります。直感的に操作できるコックピットは、運転者と車両が再び共通する明確に理解できる言語を話すようにするのにも役立ちます。これは、特に機械とドライバー間の権限譲渡に明確な境界が不可欠である、高度に自動化された運転において重要です。
多くの運転手は、自らの車の中で電子助手を正しく使用する方法さえ知りません。

減圧、時間短縮

減圧、時間短縮

より高度な自動化はプロの運転手にも寄与します。結局のところ、過度の緊張は今や彼らにとっても日常につきものです。特にプロの運転手は、トラック、バス、小型バン、タクシーのいずれの運転手であっても、毎日のように交通渋滞にさらされる頻度が高まり、運転回数が増え、時間的なプレッシャーが増し、人員不足が深刻化するという影響に直面しています。現在、小包配達運転手は特に深刻な影響を受けています。彼らは各シフトで約200個の荷物を配達しなければなりません。ラッシュアワーでは、特に配送中に車線全体をふさいでしまうことが渋滞の原因になります。
特に、市街地域やデポにおけるトラックや軽商用車の運転者にとっては、自動 自律運転機能が大きな利点をもたらしてくれます。車両に正しく実装されると、プロの運転手は日々の作業負荷やタスクの負担を軽減し、日常を多少楽にすることができます。同様の利点はインテリジェント デリバリー システムからも得られます。スマートロジスティクスの状況では、これらのネットワーク貨物、配送担当者および荷受人がインテリジェントな方法で処理されます。結果、かつてないほど貴重な高級商品、すなわち、時間を節約しながら過度の負担を軽減するということが実現されます。

#モビリティライフバランス

ZFは率先して、モビリティの提供に関して人々に真正面から向き合い、どこでどのように改善できるかを実証します。

関連記事