テクノロジー

©shutterstock
#MobilityLifeBalance

グリッドロック対策

時間を読んでいる分
Tags: AutonomousDriving, 効率, #MobilityLifeBalance
交通渋滞は煩わしいですが、私たちの日常生活の一部です。こうした時間とお金を浪費する遅延にどのように対処できますか?目的は、モビリティに対する欲求と生活品質の向上との間でより良いバランスを図ることです。
Andreas Neemann, 7月 01, 2019
author_image
Andreas Neemann 2001年、ZFで6HPトランスミッションに関する記事を初めて執筆。それ以来、自動車分野のライターとして社内外の読者に向け多くの記事を提供し、ZFグループのより複雑な話題も情熱をもって語ってきました。
例年のように、2019年のホリデーシーズンのピークは高速道路の長い交通渋滞で再び始まりました。ビーチで心地よい風と打ち寄せる波の音を楽しむ前に、行楽客はまず、何キロにも及ぶ渋滞の中で、高速道路のアスファルトの表面から放射されるきらめくヒートウェイブに耐えなければなりません。

代償を伴う渋滞が急速に長くなりつつあります

代償を伴う渋滞が急速に長くなりつつあります

交通渋滞は休日だけの現象ではありません。ADACの統計によると、ドイツでは2017年に約723,000件の交通渋滞が発生しています。これらの交通渋滞の総延長距離は約145万キロと算出されています。つまり、年間の渋滞総距離がわずか45万キロであった2011年以来、渋滞の総距離が3倍以上に増えたことになります。
このような衝撃的な数字にもかかわらず、ドイツは交通渋滞に関して世界最悪の国ではありません。世界中で交通渋滞の影響を最も受けやすい都市のランキングは、衛星測位メーカーのTomTom(米トム トム社)がまとめたもので、新興工業国の巨大都市のリストのような印象を受けます。1位はインドのムンバイで、南米のボゴタとリマが続きます。
日々の渋滞は、そこにいる人々の忍耐力を試すだけでなく、大きな経済的要因でもあります。車が渋滞に巻き込まれると、より多くの燃料が消費され、さらに多くの汚染物質が排出されていっそう多くの騒音が発生します。グリッドロックによる遅延は企業にとっても多大なコストとなります。専門家は、ドイツでの交通渋滞による経済的被害額は2億5000万ユーロに上ると推定しています。1日あたり、です!

インターモダリティ:交通手段の知的ネットワーク化

インターモダリティ:交通手段の知的ネットワーク化

モビリティの観点から私たち自身の態度と行動を再考し、道路上の車両数を減らす必要があります。しかし、これらのタスクはどちらも、口で言うほど簡単でありません。結局のところ、人口の増加、個人主義の拡大、そして世界中でのモビリティの必要性が進行しているのです。乗用車は今後も重要な輸送手段であり続けることは自明のことです。しかし、公共交通システムが機能していれば、大渋滞の影響を受けにくくなることは明らかです。このアプローチは東京と横浜の二つの近接し合う都市と3,800万人の住民によって実証されています。東京 横浜地区は世界で最も人口密度の高い大都市圏と言われていますが、交通渋滞が最も多い世界ランキングでは25位にとどまっています。このことには、毎日850万人の乗客を運ぶメトロシステムの効率性の高さなど、いくつかの要因が影響していると考えられます。
将来のアーバンモビリティを決めるもう1つの決定的な要因とはさまざまな交通手段がうまく連携していることです。インターモダリティが確実な勝者です。例えば、ルクセンブルクでは、自動車運転者に(無料)路面電車への乗り換えを促す大規模プロジェクトの一環として、都市部の幹線道路にパークアンドライド方式の駐車場が設置されています。電動スクーターは現在、目的地までのラストワンマイルをカバーする交通手段として急速に人気が高まりつつあります。電動スクーターを使う人の起点となる移動手段は、通常、乗用車、バス、電車です。自転車はもちろん、電気駆動式かどうかにかかわらず、人気が高まっています。欧州の多くの都市では現在、自家用車による個人旅行は、自転車の利用に伴い、控えられる傾向にあります。商人や配送サービスでさえ、この交通手段への転換を進めています。アムステルダムやコペンハーゲンなどの大都市圏では現在、交通インフラの計画において明確に自転車利用者が優先されています。駅に近い場所にあるレンタサイクル ステーションにて、インターモーダルサービスを利用して簡単に利用することができます。都市内鉄道のような新しい交通概念はまた、インフラが過負荷であるか、または単に設置されていない場所の人々でもモダリティの恩恵を享受できることを保証します。
将来のアーバンモビリティを決めるもう1つの決定的な要因とはさまざまな交通手段がうまく連携していることです。インターモダリティが確実な勝者です。
©シャッターストック
交通渋滞は多くの都市では日常的に見られます

小規模または大規模な自動運転ソリューション

小規模または大規模な自動運転ソリューション

自動運転車は、特にシャトルバスやロボットタクシーとして利用され、都市の自家用車数の減少に寄与する場合、将来的に重要な追加(交通)手段となる可能性があります。アプリがサポートする「配車」サービス-自律走行車の呼び出し-は、より高頻度で提供することができるため、従来の公共交通機関サービスを十分に補完できます。コンサルティング会社のBerylls Strategy Advisorsが実施した調査によると、様々な共有モデルの自動運転車が、2035年には、市内を移動する車のうちの最大28%を占めると予測されています。
現在、渋滞が避けられない状況では、自動運転機能によって運転が簡単になりつつあります。現代のアシスタントは、(渋滞にはまる前に)先に代替ルートを見つけようとします。すでに渋滞に巻き込まれている場合は、渋滞アシスタントが自動的に車を前に動かしたり、ブレーキをかけたりしてくれますので、不快な状況が少し楽になります。
120000000 2040年には新車登録が見込まれています。
現在、毎年8,000万台の新車が登録されています。

#モビリティライフバランス

ZFは率先して、モビリティの提供に関して人々に真正面から向き合い、どこでどのように改善できるかを実証します。

関連記事