テクノロジー

©Shutterstock
#visionzero

持続可能で関連化された建設工事

時間を読んでいる分
Tags: , , コネクティビティ, 安全, Eモビリティ, 効率
未来の建設工事は、より効率的で汚染の少ないものでなくてはなりません。ZFのデジタルソリューションと電動ソリューションは、このための興味深いアプローチとともに、明確な競争優位性も提供します。
Lars Weitbrecht, 4月 08, 2019
author_image
Lars Weitbrecht もとはミュージックとゲーム業界の出身ですが、ゲームパッドとギターだけでなく、ペンの力とステアリングの感触も楽しんでいます。
今後数十年の間に、多くの主要都市では空間が間違いなく限られたものになるでしょう。オンタリオ工科大学が得た数値によると、デリーでは、2010年には2,200万人であった住民数が2050年までに3,600万人に増大すると見込まれます。同時期のムンバイの人口は1,900万人から4,200万人に、カイロの人口は1,700万人から2,400万人になると予測されます。国連の見積によると、現在では都市に住む人々は世界の人口のほぼ半分ですが、2050年には3分の2を超える人々が都市の住民となるとされています。

都市化の恩恵を受ける建設産業

都市化の恩恵を受ける建設産業

最終的に、大都市は多くの仕事があり、生活水準も高く、教育や医療へのアクセスが容易です。世界中の建設産業は、都市化の拡大の恩恵を長期にわたって受けています。住居、商業、工業区画での建設であろうと、輸送インフラストラクチャや教育インフラストラクチャの拡大であろうと、このような大都市の成長は、建設会社にとって明るい見通しを提示しています。平均寿命が延びる中、既存の建物は高齢化する人口のニーズに合わせて改築する必要があります。

建設工事の電動化の拡大

建設工事の電動化の拡大

コンクリートミキサー、コンパクトローダー、掘削機などの特殊車両のサプライヤーがこのような進化の恩恵を受けています。しかし一方で建設工事は騒音と排気ガスを生んでおり、世界中の立法者と地方自治体はこの問題を解決するべく動きを進めています。「今日では、建設プロジェクトの入札時には必ず、CO2 のレベルが選択基準の一つとされるようになっています」と、ZFインダストリアル・テクノロジー部門のEモビリティの専門家であるゲルハルト・シュテンプファー(Gerhard Stempfer)は説明します。その論理的なアプローチの一つは、建設工事でも局所的なゼロエミッションでEモビリティを推進することです。ディーゼルを使用しないことは排気ガス削減に繋がります。騒音レベルも低減されます。
89.3
US億ドル
2020年のみの米国の建設産業の推定売上高。

未来の建設工事を可能にするZF製品

未来の建設工事を可能にするZF製品

ミュンヘンで行われたバウマ(Bauma)見本市で、ZFは最近、建設機械専用の電気機械ドライブシステムを発表しました。小型建設機械およびトラック分野のコンクリートミキサー車などの特殊車両は、多くの可能性を秘めています。この分野では、より厳格な制限が最初に施行されることになるでしょう。ZFソリューションは、ZFグループの幅広い製品ポートフォリオがもたらす相乗効果を活かしています。たとえば、バウマで発表された電動コンクリートミキサー車は、AVE 130電動ドライブを基盤としています。このドライブは、 ZFが本来バス用に開発したものです .

電動建設機械:低い運用コスト、クリーンで静か

電動建設機械:低い運用コスト、クリーンで静か

この種の電動ユニットの購入価格は通常より高くなりますが、運用コストと保守費用が低いため相殺されます。また、費用対効果とゼロエミッションに加えて、騒音が少ないことも多くの都市では重要です。電動建設機械は、ディーゼル駆動車両に比べて騒音が大きくありません。「これは、夜間や、病院などの特に騒音の影響を受けやすい場所でもこのような機械を企業が活用できることを意味します」と、シュテンプファー(Stempfer)は言います。

建設工事の関連化

建設工事の関連化

電動建設機械以外の面でも、世界の建設工事は別の進化を遂げています。「5年後には、建設現場のすべての機械が互いに接続(関連化)されるでしょう」と、クリスチャン ライシュル(Christian Reischl)博士は言います。彼は、ZFのオフハイウェ ビジネスユニットで「コネクティビティ(関連性)」を担当しています。これは歓迎すべき展望であるかもしれませんが、特にドイツの建設業界はデジタライゼーションに関しては遅れをとっています。逆説的ですが、その原因の一つは好景気です。建設会社はすべての注文に対応するのに忙しく、未来を見据えたテクノロジーへの投資について考える時間がほとんどありません。ライシュル(Reischl)は、「テクノロジーへの投資を確実に行うことは、これまでになく大きな意味を持っています」と語ります。建設会社は、競争で常に自社の差異化を図るため、究極的には可能な限り効率的に作業しなくてはなりません。建設機械のデジタライゼーションとコネクティビティ(関連性)は、使用される車両の利用可能性と効率を向上します。

テレマティクスがプロセス管理を改善

テレマティクスがプロセス管理を改善

ZFが提供する Openmatics のようなオープンテレマティクスソリューションは、このような改善の実現をサポートします。用途がさまざまであるため、建設会社はフリート管理を効果的に行うことができます。物流チェーンも、Bluetoothタグを使用して管理することで、計画策定を改善して個々のプロジェクトの手順を互いにシームレスに連携させることも可能になります。また、スマートタグは自動で機械の稼働時間を記録します。それによって、必要な保守を予測的に計画して故障を防ぐことができます。

目的:建設工事の自動化

目的:建設工事の自動化

現在のトレンドは、製造会社からサービスプロバイダー、サプライヤーまで、既存のソリューションをクラウドサービスに統合することを中心に動いています。「長期的には、ZFの目的はプロセスチェーン全体を最適化することです」とライシュル(Reischl)は言います。車両や機械は、効率化するために互いに通信しなくてはなりません。建設工事でのその典型的な例が自動資材搬送でしょう。掘削機は、トレンチがコンクリートを注入する準備ができるとすぐに自動的にコンクリートミキサー車を呼び出します。しかし、建設工事のデジタライゼーションにはまだ多くの潜在的可能性があります。「現在、完全な自動運転車両は鉱業セクターで使用されていますが、公道を自動運転車両が走行する段階に達する前に、建設工事で特定の用途で自動化と自動走行が実現するでしょう」とライシュル(Reischl)は言います。何より、建設現場は閉鎖空間であり、明確に区切られています。したがって、 ZF ProAI RoboThink のようなAIコントロールボックスは、はりかに限られた範囲の潜在的状況に対処する必要があります。未来の建設工事でのその他の進展は、建設車両や建設機械のセンサー使用の拡大です。これらのセンサーは、主に、危険な場所で人間を検知したり保護したりするとともに、車両の衝突を防ぎます。

システムの専門知識が事故を防ぎます

システムの専門知識が事故を防ぎます

建設現場では、ドイツだけでも毎年10万件を超える事故が発生しており、9件中1件でホイールローダー、ブルドーザー、ローラーなどの特殊車両が関わっています。このような事故では、死角が大きな要因となっています。車両外側に装着されたカメラやコックピットのモニターだけではこの問題を解決できません。ドライバーは目の前の仕事に集中しがちであるため、実際の目でもモニター上でも、危険区域にいる他の作業員を見落としがちです。必要なセンサーを備えた自動運転建設機械を使用することで、建設工事における安全性は大幅に上昇します。その実現のために、ZFは、さまざまなビジネスユニットのノウハウを取り入れています。インダストリアル・テクノロジー、エレクトロニクス& ADAS、アクティブ・サーフティ・システム、商用車テクノロジーの各部門のエンジニアたちは協力して、自動運転建設車両の概念設計に取り組んでいます。

バウマ(Bauma)見本市のZFのブースに関する詳細は、 こちらをご覧ください .