テクノロジー

©e.go
#emobility

交通渋滞の救世主、スマート軽商用車

時間を読んでいる分
Tags: , AutonomousDriving, , コネクティビティ, Eモビリティ, 効率
明日の都市交通は、新事業コンセプトとピープルムーバーのような車種に依存しています。 最も先進的なプロジェクトの1つはe.GO Moverです。 プロジェクトZFは、深く関与しています。ジュネーブモーターショーの見どころ。
Andreas Neemann, 3月 08, 2019
author_image
Andreas Neemann 2001年、ZFで6HPトランスミッションに関する記事を初めて執筆。それ以来、自動車分野のライターとして社内外の読者に向け多くの記事を提供し、ZFグループのより複雑な話題も情熱をもって語ってきました。
「ライドヘイリング(配車)」は公共交通機関における未来概念の1つです。アプリを使ってミニバスのようなものに乗るように注文するだけです。現在、これらのミニバスには運転手がいますが、将来は運転手がいなくなります。この個人輸送サービスは車両のアルゴリズムによって実現可能です。これらは、ルートリクエストを素早く処理してマッチングし、また、同方向の車両をまとめることもできます。結果、効率性が向上し、都市部の道路交通(渋滞)が緩和されます。

新しい交通概念が都市を救う

新しい交通概念が都市を救う

サービスとしてのモビリティ MaaS(マース)は上記のような配車概念の総称です。これに相当する配送ロジスティクスを「サービスとしての輸送」(TaaS(タース))と呼びます。ZF Friedrichshafen AGの最高経営責任者(CEO)であるWolf-Henning Scheiderは、「これらは、自律走行の開発の重要な推進力です」、と述べています。配車による公共輸送は無人走行車によって自律的に実行される場合に特に効率的です。これらの車両はそうした目的のために特別に製造されており、結果、今日の乗用車やミニバスとは異なった外観を備えています。これらのピープルムーバーは乗降が容易で、15人乗りの快適な座席を備えた電気駆動のミニバスは、私たちの都市の未来がどこへ向かっているかを提示します。最高速度70km/h前後では、記録樹立とは言えない水準でしょう。しかし、コンピュータ性能は自動車産業を牽引しています。結局のところ、車両のメイン コンピュータは自律走行中にセンサー データを処理して運転指令に変換し、配車中には、すでに予約されているルートとリクエストを一致させなければなりません。

e.GO Mover:インテリジェントな都市移動の代表的存在

e.GO Mover:インテリジェントな都市移動の代表的存在

ピープル ムーバー コンセプトに関して言えば、アーヘン基地と比肩できる企業はほとんどありません。 合弁会社e.GO Moove GmbH ZF Friedrichshafen AGとe.GO Mobile AG間。3月上旬に開催されたジュネーブモーターショーで、同社は初めて「e.GO Mover」の試作モデルを披露しました。個人向けのプレミアム版「e.Go Lux」も好評でした。

ZFの最先端技術を搭載した「e.GO Mover」

ZFの最先端技術を搭載した「e.GO Mover」

ZFは、プロジェクトがこれまでのところ順調に進んでいることを保証するうえで大きな影響力を持っています。当社は財務上の利害関係者であると同時に、重要な技術サプライヤーでもあります。 電気駆動、ステアリング、ブレーキはすべてZFによって開発されました。自律走行中、e.GO MoverはZF製のカメラとレーダーセンサを搭載しており、スーパーコンピュータによって、人工知能を統合することも可能な、膨大な演算能力を実現します。 ZF ProAI RoboThinkこれは現在、自動車業界で最も強力なメインコンピュータです。「e.Goとのパートナーシップは、特に新しいモビリティソリューションの開発において、私たちが現在急速に進歩していることを証明しています」と、ジュネーブで、ZFのCEOであるScheiderは述べ、「また、新しいモビリティプロバイダにとって、当社のシステムソリューションがいかに魅力的であるかが浮き彫りになっています:センサ、人工知能,電気駆動およびアクチュエータから成る相互接続システムがますます重要になっています。ZFは単一のソースからそれらを配信できます。e.GO Moverは1つのトレンドセッターであり、システムに関する専門知識をに示します」、と付け加えました。

e.GO Mover全速前進

e.GO Mover全速前進

次期ステップには厳しいスケジュールが設けられています。Friedrichshafen市とAachen市の公道での試験走行がe.GO Moverの自律走行機能の開発を推進し続けることでしょう。これらは今年中に始まる予定です。2019年初頭以降、別の協力パートナーが参加しています。 Transdev GmbHは新しいシェアードモビリティソリューション開発のため、ZFおよびe.GO Mobile AGと提携しています。 次に、e.GO MoverにはTransdevの自律走行システムが搭載されます。Transdev社は現在、オーストラリア、カナダ、フランス、オランダ、米国において、自動運転バスに年間350万人の乗客を乗せています。

自律走行車における巨大な市場可能性

自律走行車における巨大な市場可能性

ゴールドマン サックス(Goldman Sachs)、ローランド ベルガー(Roland Berger)、マッキンゼー(McKinsey)の評価に基づく市場分析によると、2030年の世界の自動運転乗用車市場における乗用車セグメントの売上高は約120~180億ドル、商用車セグメントの売上高は360億ドルに達すると見込まれています。年間では、ピープルムーバーとカーゴムーバーの市場がこれらを上回っています。長期的には、この分野での年間売上高は200~500億ドルになるとアナリストらは予想しており、その中ではカーゴムーバーのシェアが大きく占めています。

専門家によるブログ「自動運転がどのように市場を変えるか」もご参照ください。