第10回 chapter4

その1: アライメント・セッティング

組み上げただけではまだ、「マシン」にはならない

車両の最終組み立てが完了し、動力機構、ブレーキ・システム、操舵機構など各要素の作動確認が終わったら、走り出す前に必ずやっておくべきことがある。「基本寸法の計測」と、併せて「アライメント計測・調整」だ。

様々な加工、とくに溶接は熱歪を伴い、機械加工した部品も様々に組み合わせ、締結することでひとつの「機械」としてのクルマが形をなす。それが設計どおりの形態と寸度を持って組み上がったのか。競技専用車両でもホイールベース(左右それぞれとその前後方向のずれ)、トレッド(前後それぞれとその左右方向のずれ)、4輪のサスペンションリンクの車体側ピボットの3次元位置(これはフレーム単体の段階で計測できる)ぐらいは、まず計測しておきたい。もちろんアーム類の寸度などは個々に製作した段階で測っておく。いくら治具に固定して接合作業を進めても、完成品がその治具どおりに仕上がることはなかなかない。だからそこで作った部品がどんな寸度を持っているかを確かめることが欠かせない。それが次に作る時の改善にもつながる。

それ以前に、今目の前にある車両が、どういう寸度に仕上がっているか、ジオメトリー変化は設計どおりに現れるか、それがずれるとすればどこで調整すればいいか…など、この先クルマの走行特性を仕上げてゆくための基礎データがないままでは、行き当たりばったりにいじり回すだけになってしまう。

さらに車輪を取り付けて、クルマを路面に「自立」させた時に、4輪がバランスよく接地している状態を作り、さらに各輪を3次元的に「整列」させる。タイヤが路面と触れ合い、摩擦することで発生する力を使ってクルマの運動を作り出す。そのための基礎をまず作るのがこの「アライメント」セッティングであり、マシンを整備し、走ることを繰り返す中で、車両の状態が同じになるように、何かを変える場合は、それが正確に進められるようにするための基本も、このプロセスにかかっている。