see. think. act.
問い合せる

問い合せる

ZF280619_4676JS_TU1
テクノロジーイノベーション イノベーション・ビークル

ZFイノベーション・ビークル

ZFは、革新的な製品を標準的に車両に統合し、現在のくるまに未来のモビリティ機能を実装する高い独創力を示しています。

交通とモビリティの新しい概念には、実現可能なソリューションが必要です。ZFイノベーションビークルは、自動車と商用車だけでなく、産業用途にも、未来のモビリティを形作るというグループの主張を裏付けています。

イノベーションカー2019

ZFは、より良い、より持続可能なモビリティの提供を目指しています。これは、2019年にグループの様々なイノベーション手段によって裏付けられました。

電気駆動分野では、世界初となる乗用車向けの電動2速ドライブを発表しました。1速ドライブと比較して、バッテリー充電範あたりの航続距離を最大で5%向上できます。

車両モーションコントロールの分野では、未来を見据えたサスペンション「Flying Carpet 2.0」が、新しいダンピングハードウェア、包括的なセンサーテクノロジー、スマートアルゴリズムによって、快適性だけでなく、ダイナミクスと安全性を向上させました。

自動運転技術分野では、高性能中央制御ユニットであるZF ProAI RoboThinkによって、レベル4以上の自動運転のソリューションが実現し、ロボタクシーなどのライドヘイリングアプリケーションの可能性をさらに高めます。

統合セキュリティにおいてZFは、インテリアと、運転モードと手動運転モード間の切り替えに関する直感的な実装方法を示しました自動。さらに、ZFは外部サイドエアバッグを備えた世界初のプリクラッシュシステムを発表しました。同システムは衝突前に作動し、サイドクラッシュによるクラッシャブルゾーンを、さらに数センチ拡大することができるようになりました。

EVplusコンセプト

毎日の運転の9割に対応する完全電動の航続距離:ZFはEVplusコンセプトにより、プラグインハイブリッド車の未来を見据えています。

実験車両は量産型車両に基づいたもので、ZFは35 kWhのより高性能なバッテリーを組み込みました。実際の運用では、改造後のミドルサイズは、1回のバッテリー充電で100キロの走行が実現可能で、さらにエアコンやロービームなど、他に電気を消費する要素にも電気を供給できます。これは、現時点で市販のプラグインハイブリッド車の3倍にも及びます。

visionマガジンから

ビジョン・ゼロ・ビークル

ビジョン・ゼロ(交通事故の無い、ゼロ・エミッションの世界)は、すべての車両が電動化、自動運転化、ネットワーク化されてはじめて実現できます。

実現に向けた道のりの中で、ZFの完全電動 ビジョン・ゼロ・ビークル は、運転支援から自動運転への移行段階における重要な節目に到達しつつあります。たとえドライバーが不注意なときでも、革新的な安全システムにより、くるまは「見て、考えて、動かす」ことができます。

visionマガジンから

ZFイノベーション・トラック

ZFスワップ・ボディ・パイロット(Swap Body Pilot)機能によって、無人のZFイノベーション・トラックがターミナル内を動き回ります。

ドライバーは、敷地内に入るとすぐにトラックを降り、自動運転モードを有効にしてから定められた休憩に入ります。トラックは、自律的に電動走行をしながら目標位置までのルートを検出します。目標位置に辿り着くと、トラックは、スワップ・ボディ・パイロット機能を使用して、すでに取り付けられていたスワップボディを降ろします。同様に、このZFイノベーション・トラックは、自律的に新しいコンテナを取り付けます。

スワップ・ボディ・パイロットの主要な強みは、トラックが正確にスワップボディの下まで走行できるという点です。この運転操作は、熟練したトラック運転手でさえも手動ではきわめて困難です。車載コンピュータのZF proAIによって制御されるZFイノベーション・トラックは、このような作業も常に迅速かつ正確に行うことができます。

ZF proAIがZFイノベーション・トラックの頭脳であるとしたら、他のZFテクノロジー、特にアクティブ電子制御油圧式商用車操舵システムReAXとTraXon Hybridオートマチック・トランスミッション・システムは、車両を動かす役割を担います。後者は、モジュラー式統合電動モーターを特徴とし、局所的ゼロ・エミッション走行を可能にします。また、カメラとレーザーを活用したセンサーは、GPSシステムと共に、トラックに進行方向と周辺環境を示します。

この結果、ターミナルでは、より迅速で安全性と効率性のより高い物流プロセスが現実のものとなるのです。

ターミナルヤードトラクター

自動ターミナルヤードトラクターは、設定されたエリアで車両積載用スロープと後方までトレーラーを巧みに誘導します。

また、車両は、センサーによって周辺を把握することができます。さらに、搭載されているZF proAIセントラルコンピュータが縦と横方向の動きを計算するため、シャトル車両はトレーラーをトラックから引き受けて、積み下ろしのためにスロープまで自律的に移動させることができます。作業終了後、ターミナルヤードトラクターは、トレーラーを再びトラックに戻します。

ターミナルヤードトラクターのコントロールシステムは、ターミナルのシステムと相互接続されています。積載用スロープに設置された固定カメラが移動の必要のあるセミトレーラーの後部を認識します。現場のコンピュータが軌道を計算してデータをZF Openmaticsテレマティクス・システムの車載ユニットにワイヤレス信号で送信します。車両に搭載されたZF proAIは、情報をリアルタイムで処理して、エンジン、ステアリングシステム、ブレーキの動作指示に変換します。

ZFイノベーション・バン

テクノロジー企業ZFは、その電気駆動イノベーション・バンを通じ、自動運転分野の包括的専門知識で物流部門の要件に応えます。

イノベーション・バンにはレベル4の自動運転機能が搭載されています。宅配トラックは、市街地を自律走行し、路面標示がなくても車線内走行を維持します。また、信号と道路標識を認識し、突発的なリスクにも対応することができます。さらに、二重駐車車両などの障害物を検知して回避することも可能です。2つの届け先が十分に近く、配送ドライバーが徒歩で配達した方が効率的な場合、イノベーション・トラックは、あたかも紐でつながっているかのようにドライバーの後を追います。付近に利用可能な駐車場がない場合、配送ドライバーは次の配達先に車両を先行して走らせておくことができ、そこで車両が自ら駐車スペースを探します。このテクノロジーはアルゴリズムを使用しており、顧客の要望をリアルタイムで考慮し、最も効率的な配達ルートを計算します。

visionマガジンから

ZFイノベーション・トラクター

リモート制御のトレーラースイッチと最適なトラクションマネジメント

指先で操作できる取り回しと簡単な連結操作(SafeRangeとヒッチ検出)。さらには、追加搭載の電気駆動ユニットにより、トラクターとトレーラーの連結走行でも坂道をものともしないけん引力(トラクション・マネジメント)。

ZFはイノベーション・トラクターの投入により、産業用車両を一連のイノベーション・プロトタイプに追加しました。

業界の先陣を切る

「見て、考えて、動かす」

ZFは、くるまを見て、考えて、動かすものに

ZFはイノベーションを通じ、「見て、考えて、動かす」車を実現します。この一連の運転動作の支援用に、ZFはパーフェクトにマッチしたソリューションを採用しています。ここが、テクノロジー企業たるZFならではの強みです。