自律運転

自動運転:概略

この技術はどういう状態なのか?どうやってテストするのか?将来に何をもたらすのか?自動車とその他の車両の自動運転と自律運転に関するすべて。

定義:自律運転とは何か?

自律運転という概念は規則に従って人間の運転手の介入なしに自分で走行する車両や輸送システムのことを指します。この種の完全な自律車両に対する概略については、SAEインターナショナル(Society of Automotive Engineers)が2014年にJ3016の標準で定義しています。自律運転の段階(レベル)は、段階0(自動化なし)から段階5(運転者なしの走行)までに至ります。

自律運転の5つのレベル

アシストから無人運転まで:自律運転自動車の5つの段階

完全自律走行の夢は1950年代以降の自動車エンジニアだけが熱中していたわけではありません。どのような段階を経て現在に至っているのでしょうか?いつそれが現実味を帯びてきたのでしょうか?

技術の状態

自動走行車両に必要なもの

最先端のセンサー技術、スマートな制御とインテリジェントなアクチュエーター技術:自動運転から自律運転に至るまでには複雑な技術が必要です。しかしそれだけでは自動運転車両は実用化できません。安全性は将来においても最優先であり、また乗り心地の快適性もますます重要になってきます。

スーパーコンピューター:計算はこうして行われる

車両が自律運転するために必要なのは人工知能と強力な計算性能です。ZF ProAI RoboThinkはZFに自動車業界での高性能な人工知能セントラルコンピューターを提供しています。

人と機械との対話性

運転するのは自分か君か?単に車のキーをパートナーに渡した時にも起きるのと同様の疑問は、人間と機械の間ではますます増大します。

ドライバーアシスタントシステム:部分的自動化運転の新しい定義

ZF coPILOTでZFとNVIDIAは多くの便利な機能を備えた運転補助システムを開発しましたが、これは中央制御により快適かつ安全な運転体験を実感できるようになっています。

人工知能:その本質は?

人工知能…流行語でありトレンドのテーマです。しかし人工知能とは本来何を意味するのでしょう?現在何ができて将来にはどんな能力を発揮するのでしょう?

センサー:自律車両用に統合化されたセンサーパワー

ドライバーアシストシステムも不測の事態を確実に制御できなければなりません。これで明暗や天候の条件を問わず、情報をカメラやライダーおよびレーダーのセンサーでインテリジェントに統合します。

自動運転と自律運転の車両の安全性

ひとつ確実なのは:自動運転や自律運転ならではの新しいシートポジションのみが、乗員を万が一の際に良好に保護し続けるということです。ZFのシステムがその時お役に立ちます。

シャーシ…自律運転の成功の要件

乗り心地や走行特性、そしてそのためのシャーシは、自律運転車両の成功のために決定的な役割を担います。特に自分自身が能動的に車両を運転しない乗客である場合、乗り心地の違いはより明確に感じられます。

高解像度のマップ

木から橋まで-自律運転には道路の指紋を模写した高解像度の地図が欠かせません。しかし世界中の道路網を把握することは可能でしょうか?地図メーカーの分野の市場での指導者とZFにはプランがあります。

こうしてテストする

全世界の自律運転車両のテストコース

走行は学習されます。これは人間だけにではなく、自動運転や自律運転の車両にも該当するのです。学習とデータ収集にはテストコースでの長距離走行と公道へのフィードバックが必要です。

すべての市場へ:自律運転車両のトレーニングキャンプ

自律運転車両にも運転教習所が必要です。このため世界中に教習所が用意され、停止状態でトレーニングとデータ収集をすることが可能になっています。そして次に道路での走行、さらにテスト条件下での走行を行います。

日常交通でのデータ収集

ZFはフリードリヒスハーフェンのテストコースで自動運転のためのデータを収集しています-非常に大量のデータです。

自律運転車両と輸送システム

ロボタクシーからトラクターまで

自動化へのトレンドは乗用車のみに限られません。ZFのような企業は自動走行の人間や貨物の移動装置に以前から関わっており、自動化商用車やインテリジェントなフォークリフト、それに革新的な農業機械を開発しています。

ライドヘイリングロボタクシー

ライドヘイリングのような新しい都市交通サービスは自律運転のかい開発における最大の推進力のひとつです。デモ車両でZFは、各社と共に新しいモビリティの形態が可能であることを具体的に示しました。

未来のピープルムーバーと

ZFはe.Goというスタートアップと提携して新しいピープルムーバーをマーケットに送り出しました。この投入の可能性は多くの多様性を秘めています。

交通渋滞に対抗するスマートなトランスポーター

将来の都市内でのモビリティは、ピープルムーバーのような新しい運用コンセプトと車両ジャンルを基礎とすることになります。もっとも先進的なプロジェクトのひとつがe.Go Moverです。ZFはこのプロジェクトに大きく参画しています。

高度に自動化した商用車

よく聞くところですが:現在米国では乗用車の自動運転がすべての口で語られています。それほど知られていませんが、同様に商用車でも自動運転は決定的な役割を果たします。

商用車を隊列化するテクノロジー

風下で走れば力を節約できる‐サイクリストは昔から知っています。この物理法則は商用車にも当てはまります。

自律的な荷物の配送:安心して留守にできる

荷物の配送者はドイツ国内だけでも毎日一千万件を越える配達を行っており、さらにその数は増加しています。ネットワーク化された自律走行のコンセプト車両でZFは荷物の配送をよりストレスフリーで処理できることを提示しました。

スマートロジスティクス:精霊の手のように動く

すでに非常に多くの自律走行車両が走行していますが、そのすべては見ることができません:無人運転のトラックは事業所の構内で活躍しています。このようなスマートロジスティクスは物流の効率化を促進します。

未来のフォークリフト

革新的なフォークリフトでZFは初めてフロア運搬装置に見て考えて取り扱うことを教えました。

ターゲットは農業4.0へ

ZFは農業機械の革新的なプロトタイプで電子化モビリティや自律運転などの未来のトレンドの利点を伝えました。

批判、法と倫理

自分がコンピューターに制御されるとき

すべての人が自律運転の約束する可能性に感激しているわけではありません。運転の楽しみが失われることを恐れる人もいます。またハッカーを警戒する人や重大な法的および倫理的な問題提起を指摘する人もいます。

コントロール喪失への心配は無用

フランケンシュタインからマトリックスに至るまで、文学と映画は人間と機械との全面的な対決にあふれています。制御をゆだねることになる自律運転車両も多くの人にとって伴うかもしれません。それでも自動化は多くの利点をもたらします。

ハッカーの先を越すこと

「俺はハックされた!」という言葉はめったに出てくるものではなく、むしろさらに不安をもたらしかねないでしょう。自己情報の盗難やデータ保護の喪失という現象への関心がますます強まる一方で、スマートフォンやベビーフォンから車両に至るまで、製品の安全性に関する要件も高まっています。

自動走行をめぐる倫理的問題(ADAC)

自律運転車両は未来に属するかも知れません。しかし急速な技術的進歩は倫理的な問題も提起します:例えば、例えば、この技術はある日義務的に導入されるべきか、とか。

未来をもたらす

新しい車両‐他の要件

サービスとしてのモビリティ、インターモーダルなモビリティ、ライドヘイリングロボタクシー:未来のモビリティは独自の領域にぞく属し、急速に変化して新しいプレイヤーを生み出しますが、同時にマーケットには新しいチャンスをもたらします。

自律運転と同様にマーケットも変化する

新しいプレイヤー、新しいチャンス:本来の自動運転と自律運転の推進者は乗用車メーカーではありません。はるかに多くの興味をこのこの技術に抱いているのは新しいモビリティサービスの指導者や運輸業者、都市交通や配送の業者です。

新しいモビリティの小用語集

サービスとしてのモビリティからCar-to-Xまで。英語名と略語集が将来のモビリティに関する言葉に役立ちます。重要な概念には解説を付しました。