スン・シェンユ

ZFは、自動車の世界にゼロエミッションをもたらす「ビジョン・ゼロ」をどのように達成するのでしょうか。ZFグループは、未来の地域交通のゼロエミッション達成に向けたさまざまな電気自動車システムを取り揃えています。上海のエンジニアリング・センターに勤務するスン・シェンユは、このビジョンを現実のものとする仕事に大きな貢献を果たしています。新設のEモビリティ事業部の一開発者として、彼女はハイブリッド・モジュールと電気自動車向けアクスル・システムに取り組んでいます。

「さまざまな部署の同僚たちと共に働き、また、彼らから色々なことを学べることは、私にとって素晴らしい経験です。

ZF入社の経緯

スン・シェンユは大のモータースポーツファンであり、エンジニアの両親の娘として幼いころから自動車に興味を抱いていました。ZFをテーマに卒論を書くことを申請し、3か月間をシュヴァインフルト工場で過ごしました。ここEモビリティ事業部の本部にて、学んだ知識を初めて実践することができました。ここで習得したEモビリティの深い知識は、彼女や同僚たちによる上海拠点での新たなイノベーション開発に役立っています。