ニュース日本のニュース

ここでは、日本におけるZFの最新のプレスリリースをご覧いただけます。

ZF、ザールブリュッケン工場に8億ユーロを投資

続きを読む

ZF、ドイツ初の工場敷地内ドローン輸送を実施

続きを読む

ZF、エンジニアリングサービスプロバイダーASAP社の株式を取得

続きを読む

ZF、高度な乗員/車内検知のための3D車内観測システムを開発

続きを読む

ZF、トラック・プラトーニングの実現へ

続きを読む

ZF、新しいアクティブ・コントロール・リトラクター シートベルト・システムを発表

続きを読む

ハノーバーモーターショー2018:ZF、商用車向けのクリーンなソリューションと運転支援技術を発表

続きを読む

ZFのOpenmaticsコネクティビティプラットフォームをバスメーカーのVDLが電気バス向けに採用

続きを読む

ZF、英国と米国のバスを電動化、 ゼロエミッションでの都市走行を可能に

続きを読む

ZF、ブラインド・スポット・モニタリング機能で トラックの市街地走行時の安全性を向上

続きを読む

大型商用車向けトランスミッションTraXonに メンテナンス事前通知機能を追加

続きを読む

ZF、Car eWallet事業を行う新会社を設立

続きを読む

ZFとモービルアイが安全性と自動運転機能を強化する 自動車メーカー向けの新しい車載カメラを発表

続きを読む

自動運転が可能な電動モビリティ 2019年に量産開始

続きを読む

商用車の電動化をシンプルにする、ZFの電動システム

続きを読む

ZF、2018年のモータースポーツプログラムを発表

SUPER GTとフォーミュラEを柱に活動を行い、幅広いニーズに応える情報を発信 続きを読む

ZF、2017年は過去最高の売上高を記録;研究開発投資の増額を発表

ZFは投資をさらに拡大し、将来に向けた技術開発を加速します。 続きを読む

ZF、SUPER GTのTEAM KUNIMITSUとスポンサーシップ 契約を締結

ZFは日本のモータースポーツシリーズである「SUPER GT」に参戦する「TEAM KUNIMITSU」とスポンサーシップ契約を締結したと発表しました。 続きを読む

ZF、東京都交通局に採用されるフルフラットバスに リヤアクスルとトランスミッションを供給

ZFジャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市中区;代表取締役社長:中根義浩)は本日、東京都交通局が2018年に導入を開始するフルフラットバスに同社の大型バス用リヤアクスルとトランスミッションが採用されたことを発表しました。 続きを読む

ZF、ウォルフ=ヘニング・シャイダーを新CEOに任命

ドイツ、フリードリヒスハーフェン発; 2018年2月1日付で、ZFのCEOにウォルフ=ヘニング・シャイダーが就任します。コンスタンチン・ザウアー博士の後任となるシャイダー(55)は、ボッシュ社(Bosch)やマーレ社(Mahle)等において豊富なマネージメント経験を有しています。 続きを読む

ZF、自動運転のさらなる進化に対応する新しいコックピットコンセプトを発表

ZFは、今年の「コンシューマーエレクトリックショー(CES)」でドライバーのストレス軽減と事故防止に役立つ新しいシステムを発表します。 続きを読む

ZF ProAI:人工知能(AI)による自動運転がまもなく現実に

ZFは「コンシューマーエレクトリックショー(CES) 2018」において、自動運転に向けた次のステップを発表します。 続きを読む

ZFのAIコントロールボックスが、バイドゥ(百度)の自動駐車システムに採用

ZFフリードリヒスハーフェン社と中国の百度社は、アメリカで開催される「コンシューマーエレクトリックショー(CES) 2018」に先立ち、無人で自動駐車を可能にする新しいシステムを発表します。 続きを読む

ニュース 2017

ZFの「ドリームカー」、自動運転車の量産に向けたテクノロジーを搭載

ZFは「コンシューマーエレクトリックショー(CES) 2018」において、未来のコネクテッドデジタルモビリティを実現するソリューションを発表します。 続きを読む

ZFのパートナー、ヴェンチュリーが フォーミュラEのシーズン開幕を好成績で飾る

香港で開催されたフォーミュラEのシーズン開幕戦でエドアルド・モルタラが表彰台に 続きを読む

ZF、自動運転とHMIに対応した先進のステアリングホイールコンセプトを開発

ゼット・エフ・フリードリヒスハーフェン社は本日、レベル3以上の自動運転機能をサポートする新しいステアリングホイールを発表しました。ドライバーと車両間のやり取りを向上させる、グラフィックディスプレイによるジェスチャーコントロールや、先進のハンズオンディテクション技術を採用しています。 続きを読む

ZF最高経営責任者、シュテファン・ゾンマー博士が退任へ

ゼット・エフ・フリードリヒスハーフェン監査役会長のフランツ=ヨーゼフ・ペーフェン博士は、CEOのシュテファン・ゾンマー博士の退任について合意しました。 続きを読む

ZFジャパン、自動運転に向けた車載決済システムや ADASなどの先端技術を日本で初公開

静岡県の富士スピードウェイおよび周辺の東名高速道路において、同社の先端技術に関するデモンストレーションを行いました。11月6日から9日にかけて国内の大手自動車メーカー向けに初開催した試乗会「Vision Zero Days Japan」では、自動料金決済システム「Car eWallet」を組み込んだ電気自動車(EV)のプロトタイプや先端運転支援システム(ADAS)を搭載したデモンストレーション車両などを使いZFの最新技術・製品を紹介しました。 続きを読む

ZF、都市交通バス向け新型電動セントラルドライブを発表 都市のEモビリティを促進

一部の都市において新たな純電動プラグ&ドライブ・ソリューションによる無公害公共交通向けユニットの開発を進めています。低床と高床のいずれにも適用可能な新しいCeTrax電動セントラルドライブによって駆動するこのシステムは2016年に発表され、約1年で、CeTraxを搭載したテスト車両が完成しました。このほか、ZFの電気バス用ソリューションには、AVE 130電動ポータルアクスルとTraXon Hybridがあります。これらの製品は、都市バスと長距離バスのトレードショーであるBusworld 2017に展示されました。 続きを読む

ZF、アジアパシフィック・プレジデントにアンドレアス・ウェラーを任命

ゼット・エフ・フリードリヒスハーフェンは、アジアパシフィック・プレジデントにアンドレアス・ウェラーを任命、就任を発表しました。 続きを読む

ZF、フォーレシアと「コックピット2025」の開発に取り組む

2017年5月に提携を発表したZFとフォーレシアは、フランクフルトモーターショーで新しいコンセプトと今後の計画を発表します。共同開発による、柔軟で、快適性と安全性の非常に高い乗用車向けのシートは会場内のフォーレシアとZFブースに展示されます。また、将来の乗用車向け統合安全システムに関する長期的なロードマップも発表します。ZFのフォーレシアとの提携は、運転支援から自動運転のレベル3、レベル4さらにレベル5と車の機能が進化する過程に対応できる「コックピット2025」の開発を目的としています。 続きを読む

ZF、超小型車両に最高レベルの乗員保護を供給

都市部における短距離移動においては、小型の電動車両(LEM:ライトウェイト・エレクトロ・モービルまたはクアッド・ライサイクル)がトレンドになっています。これらの小型車両に必要とされる効果的な乗員安全システム提供のためにZFは、EUの「プロジェクト・ベヒクル(BEHICLE)」に乗員保護分野におけるパートナーとして参画しています。 続きを読む

ZF、中国のインターネットグループ百度と戦略的提携に合意

ゼット・エフ・フリードリヒスハーフェン社(以下、ZF)は本日、中国のインターネット企業百度(バイドゥ、Baidu)との提携を発表しました。自動運転およびテレマティクスの分野で協力し、自動運転に向けた広範囲な技術ソリューションの中国における開発を行います。 続きを読む

ZF、UBSおよびIBMとの共同開発による安全な決済システムを発表

ZFは本日、ブロックチェーン技術を活用した自動車用支払いプラットフォームを、UBSおよびIBMと共同で提供する計画であることを発表しました。「Car eWallet」は自動車メーカー、サプライヤー、各種サービス提供業者による電子決済の方法を劇的に変革するとともに、ドライバー向けサービスの利用を大幅に簡素化するものです。 続きを読む

ZF、「ワンカンパニー」としてフランクフルトモーターショーに登場

2015年5月に米国TRWオートモーティブ社を買収してから約2年半を経過して、ZFフリードリヒスハーフェンAGは予定よりも早く統合プログラムをほぼ完了しました。「see. think. act: 見て、考えて、動かす」という新しいアプローチとスローガンのもと、ZFはデジタル化、電動化および自動運転といった将来に向けたインテリジェントなメカニカルシステムの商品ラインナップを拡充してきました。ZFの新しいコーポレートロゴは、世界をリードするテクノロジーサプライヤーとして未来のモビリティ(移動手段)を形づくっていくという理念を表しています。 続きを読む

ZF、世界で初めてEPBの累計生産1億基を達成

続きを読む

ZFが「日産グローバルサプライヤーアワード」を受賞

ZFは、「2017日産グローバルサプライヤーアワード」の「グローバルイノベーション賞」を受賞した事を発表しました。これは、日産自動車の「プロパイロット」自動運転技術に採用されたZFの前方カメラに授与されたものです。ZFのカメラは、昨年日本で発売されたセレナに搭載されています。 続きを読む

Default Thumbnail

ZF、グローバル・ボディ・コントロール・システム(BCS)事業をLuxshare社に売却

ゼット・エフ・フリードリヒスハーフェン社は、グローバル・ボディ・コントロール・システム(BCS)事業部門を香港に本社を置くLuxshare Limitedに売却する契約を締結しました。この売却は、事業の移転が両社の戦略目標に合致したことから実現したものです。 続きを読む

ZF、研究開発費を増やす一方で、2017年上半期の利益率が向上

ゼット・エフ・フリードリヒスハーフェン社は本日、2017年上半期の決算を発表しました。売上高は183億ユーロ、調整後営業利益(EBIT)は12億ユーロとなりました。また研究開発投資を強化しながら、調整後EBITマージンを6.6パーセントに拡大しました。さらに、TRW買収による負債は約6億8400万ユーロ縮小しました。 続きを読む

ZF、HELLA社と戦略的パートナーシップを締結

ZFとHELLA社は戦略的パートナーシップを締結したことを発表しました。この提携は、フロントカメラ、イメージングおよびレーダーシステムなどのセンサー技術の共同開発を目的としています。この提携によって、HELLA社は技術開発を加速すると共に新たな市場への足がかりを得られることになります。一方ZFは、運転支援機能や自動運転に向けた製品ラインナップの一層の強化が可能になります。最初の共同プロジェクトはまもなく始まり、2020年には新しいカメラ技術を市場に投入する予定です。 続きを読む

ZF、シート一体型の先進的なセンター・エアバッグを開発

ZFは、さまざまな衝突状況に対応して乗員の極端な動きを抑えることができるよう、先進的なセンター・エアバッグ・システムを新たに開発しました。このシート一体型システムは、未来の車両や新しいモビリティの先進的なインテリアに対応するためにも重要です。今後変化していくことが考えられる車のインテリアや将来の可能性(可動式シートや新しいインテリア部品など)に対応することは、安全性に関する最優先課題となっています。ZFとフォーレシアは先日、シートを中心とする将来の安全に関するコンセプトを開発するため、パートナーシップの締結を発表しています。 続きを読む

革新的な小型電動車開発に向けた強力なアライアンス

今後のモビリティにとっては、電動化およびマイクロモビリティが重要です。この市場の形成を促進し、技術的進歩をさらに推し進めるため、ZFはマグラ社(Magura)、ブレーキフォースワン社(Brake-Force-One:BFO)、およびユニコーン社(Unicorn)と合弁会社を設立しました。 続きを読む

ZF、都市内移動向けの革新的な乗客および貨物輸送車を開発

自動運転のエレクトロモビリティは、よりクリーンかつ安全で、効率的な都市内輸送を可能にします。こうしたシステムの確立や技術革新を促すため、ゼット・エフ・フリードリヒスハーフェンAGは、子会社であるZukunft Ventures GmbHを通じて、e.GO Mobile 社との合弁企業を立ち上げることを発表しました。 続きを読む

詳細情報