遠方を見越したシステム動作ZF イノベーション・トラック2016

緊急時には自動的に障害物を回避 (危険回避操舵支援機構、EMA)。そして、車線中央と車間距離を自動的に維持 (高速走行支援機能)。さらには駐車進入路での取り回しをシステムが制御 (SafeRange自動駐車支援機能)

ZF イノベーション・トラック2016には、これまで商用車にはなかったさまざまな革新的先進運転支援システムが数多く搭載されています。

渋滞最後尾の不安を解消

危険回避操舵支援機構(EMA)

ZF イノベーション・トラック2016には、世界で初めて危険回避操舵支援機構(EMA)が搭載されました。支援システムが段階的に動作し、障害物の検知、ドライバーへの警告、自動緊急ブレーキ、衝突の危険がある際の自動回避操舵を実行します。

WABCO社との共同開発により、ZFは現在すでに義務化されている緊急ブレーキ・システム(先進緊急ブレーキ・システム、AEBS)と、各種センサーならびに電子制御油圧式後輪操舵補助システムReAXとのネットワーク化を実現しました。ブレーキ動作とシャシ・システムの連係で回避操舵の際の車体安定化が図られます。これは特に、積載限度満載時の40tトラックには不可欠の性能です。

EMA等のシステムは安全性の飛躍的な向上に大きく貢献します。特にドライバーの疲労やわき見などで渋滞の発見が遅れたために起こる追突事故を効果的に防ぎます。

車線中央と車間距離を維持

高速走行支援機能(HDA)

ZF イノベーション・トラックに搭載されたもう一つの機能により、よそ見や不注意、一瞬の居眠り等で引き起こされる、車線をまたぐふらつき走行が防止されます。それが高速走行支援機能(HDA)であり、車体が車線中央を逸れた際にドライバーに警告を発します。ドライバーが反応しない場合、システムが自動で車線内に車体を維持します。また、追尾停止機能を備えたアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)も搭載されており、あらゆる車速において前方車両との安全車間が自動で維持されます。

ZFはこの機能をすでに2015年式車向けに提供していますが、トラックにもこれを応用するため、電子制御システムを通じてカメラおよびレーダー・センサーをReAx後輪操舵補助システムならびにZF TraXonハイブリッド・トランスミッションと連係させました。

自動合流対応機能

SafeRange自動駐車支援機能

3つ目の機能によって、搬入ドックや積替えセンターでの物流工程がより安全に、より効率的になります。それがZF イノベーション・トラックに搭載されたSafeRange自動駐車支援機能であり、駐車進入路への取り回しが簡単操作で自動化され、時間の節約と衝突回避が実現します。

この機能を使うために、駐車進入路にはカメラセンサーとコンピュータが配備されます。トラック後部に取り付けた2個の標識(「ターゲット」)により、カメラがトラックの位置を検知します。トラック側では、Openmaticsのテレマティック・システムがカメラ情報とコンピュータにアクセスし、算出済みの駐車最適経路を取得します。この情報を基に、トラックに装備されたSafeRange ECUが操舵を実行します。ECUが電子制御油圧式後輪操舵補助システムReAXやTraXonハイブリッド・トランスミッション・システム等、自動運転に必要な全システムの連係動作と制御を実行します。ここで使われる電動モードにより、CO2のゼロ排出と静音運転が実現します。

SafeRangeの使用によって、搬入ドックはこれまでよりも安全な場所となります。トラックの駐車の際に仮にトラックと駐車進入路の間に人が入ってしまった場合でも、カメラがこれを検知し、駐車動作を停止させます。

詳細情報