TraXon軽量。力強さ。インテリジェント。

主眼はここ

新標準の樹立

TraXonの特長

  • 最大入力トルクは3,400 Nm
  • 前進12速または16速タイプの2種類
  • 後退4速まで
  • PreVision GPS 条件予測型シフトチェンジ機能を搭載
  • ベンチマークデータ: 最大トルク・ウェイト・レシオ 12.83Nm/kg(12速タイプ)
  • ベンチマークデータ : 最大レシオスプレッド DD 16.69ー1.00 / OD 12.92ー0.77
  • ベンチマークデータ: 最高効率 99.7パーセント
  • 極めて低騒音
  • 35パーセント低下(6dB減、AS Tronicとの比較)
  • 高い耐久性
  • 耐用年数は走行160万km相当

オールラウンダー

  • 当然ながら、TraXonには最適な ZF製クラッチ シングルまたはツインディスクタイプを装着。
  • クラッチ依存型または駆動系依存型等、全タイプの パワーテイクオフ(PTO) も取り揃えています。
  • もちろん、 Intarder も使えます。
  • さらに、TraXonをアップグレードする各種の 機能モジュールもご用意しています。

Prevision GPS

重要となる要素はトラック本体とそのルートです。

衛星からの情報は毎秒かつ1メートル毎に受信され、走行中の道路形状はすべて逃さず把握します。ルート上の位置と車両状態の現在データを用い、電子制御ユニットがトラックの最適走行モードを常時判別します。電子制御ユニットからは、最適なシフトポイントとシフトスピードを伝達する信号がアクチュエータに直接送信され、アクチュエータが瞬時かつ正確にその指示を実行します。

ギアチェンジもドライバーが気付かぬほどにスムーズなため、シフト操作をする必要性を感じさせません。つまり、運転の人為的ミスが排除され、効率性の向上につながります。

安全性や快適性を高めるだけでなく、さらなる燃費効率の改善に向けた一歩です。未来への第一歩。

TraXonの詳しい情報はこちら