ゼット・エフcPOWER連続的な削減

重荷重対応、連続速度調整、容易な操作性、これらは建設機械に必要な要素です。ゼット・エフのcPOWERに備わる完全パワースプリットCVT(Continuously Variable Transmissions:連続可変トランスミッション)テクノロジーは、これらの特性を併せ持ちながら、最大25%の燃費改善を実現します。

厳しい要求

油圧式トランスミッションは、長く建設機械で使用されています。油圧式トランスミッションの明確なメリットとして以下の点が挙げられます。モーターとドライブラインの間に機械的結合がないため、重い荷物を運ぶときでも、クラッチ・トランスミッションであれば発生する磨耗が発生しません。さらに、まるで操作棒が制御装置であるかのように、油量で走行速度を連続的に変えることができます。前進から後退へのシフトは停止させることなく非常に素早く行うことができます。ロック式機械的結合と比べて、効率性です。これがゼット・エフのcPOWERの利点であり、ゼット・エフがcPOWERを使う理由です。

オフロードの燃料効率

ゼット・エフのcPOWERトランスミッションは、最大25%の燃料を削減します。

ゼット・エフの連続可変トランスミッションcPOWERは、油圧駆動コンセプトと機械駆動コンセプトを兼ね備えています。そのパワースプリット連続可変テクノロジーにより、重い荷物を運んでいるときでも、油圧によるソフト始動が可能です。その一方で、機械的トランスミッションを可能な限り使用することで、最大25%の燃費削減を実現します。トランスミッションの機械部分は、エンジンが始動した瞬間から大いに活用されます。それにより、たとえば荷物を積載した状態で短距離移動する際の燃費などはかなり削減できます。cPOWERは、低いエンジン回転数で動作することにより、有効性とドライバーの快適性をさらに向上します。

cPOWERの使用は建設機械に限られるわけではありません。たとえば、資材運搬や林業などに応用した場合、燃料削減のための連続可変テクノロジーによって生産性も向上できます。