第1回 受賞チームによる 設計・開発レポート

2014年全日本学生フォーミュラ大会ベスト・サスペンション賞受賞車両3車の設計と開発・実戦レポート

全日本学生フォーミュラ大会ではゼット・エフ・ジャパン株式会社が提供する「ベスト・サスペンション賞」が設けられ、2014年大会では1位大阪大 学、2位京都大学、3位名古屋大学の3チームが受賞した。この賞はサスペンションについての考え方とそれを具現化する設計の内容、それに加えて開発から実 走までを見渡して評価、選定するもの。ここではまず、2014年大会で本賞を獲得したチームのサスペンション担当者によるレポートを紹介す る。続いてデザイン審査などに関わるサスペンションと車両運動の専門家による講評を掲載し、サスペンション、すなわちタイヤの接地面と車体、さらにドライ バーを結びつける複雑にして重要、そして興味が尽きることのない技術領域について、学生フォーミュラに関わる人々だけでなく自動車に興味を持つ全ての人々 が理解を深めてゆく、その一助になればと思っている。

次回はサスペンションおよび車両運動、レーシングカー設計などの専門家に、この3車のサスペンション・デザインと実際の走行時の挙動観察などについての講評をお聞きし、その内容を取りまとめたものをお届けする。

<まとめ: 両角 岳彦>