次の次元へ

ZFが実現する未来のモビリティ

都市化、人口動態の変化、持続可能な資源活用など、グローバルなメガトレンドの多くは何年も前から予感されていたものです。ZFは2025年戦略により、すでに未来への道筋を決めています。そのひとつの成果が米TRW社の統合です。新ZFグループは、強い影響力や多様な市場機会、そして明日のモビリティを作る力を持つ、強力な2社の力の結晶です。

Power  of²の力によるテクノロジー・リーダーシップ

TRWオートモーティブ社の買収は、事実上両社の製品ラインアップが重複しないという、買収例としては希有な形態となりました。両社の技術と企業力の相互補完の幅は、想像以上に広いものであることが実証されました。したがって、「Power  of²の力」の信念のもと、ZF TRWをActive & Passive Safety Technology事業部として統合することは、完璧に理にかなっていました。ZFグループの革新性が示されるまでに、無駄な時間が費やされることはありませんでした。2015年のフランクフルトモーターショーにて、ZFはアドバンスト・アーバン・ビークル(AUV)を展示しました。それ以来、ひとつ明確になったことがあります。それは、スマートなメカニカル・システム、つまり、一方ではアクチュエータとコントローラー、もう一方ではセンサーとソフトウェアを最適な形で相互作用させるという、決定的な強みを手中に収めたことです。自動運転を通じた燃費効率、乗員の安全、運転支援システムの実現のため、ZFはこの強みを今後最大限に活用することを目指しています。