安全

いかにして安全を徹底するか

ZFのカメラ・システム により、自動車に目が備わりました。この領域において、ZFはすでに未来を先取りしています。その一例がTri-Cam 4であり、望遠および魚眼レンズを含む3つのレンズが最先端の運転機能に対応します。

あらゆるニーズに対応する 幅広い製品ポートフォリオは、ZFの多様な専門技術によって実現される高付加価値と低リスクの証左です。

予知によるリスクの最小化

コンピューターはパニックや恐怖とは無縁です。車載インテリジェント・システムは危険をより有効な形で検知するだけでなく、各種のセンサーや高解像度カメラ、ソフトウェアのアルゴリズムやそれに合わせた演算能力により、危険状態の解析もできます。そして、事実上寸分の遅れもなく、迅速かつ的確に自動ブレーキや危険回避操舵を使って応答します。また、ミリ秒単位で動作するエアバッグやプリテンショナー等、すでに当たり前となっているパッシブ・セーフティ技術により、自動車の安全が能動的な運転支援システムという形で一段上のレベルへと引き上げられます。

幅広い基盤による安定成長の確保

E-モビリティは、製品とサービスの多様なポートフォリオによってもたらされるビジネスチャンスの代表例です。このメガトレンドがZFにもたらすメリットは、局所的ゼロエミッションのモビリティを現実のものとした駆動系ソリューションのサプライヤーとしてだけのものではありません。風力タービン用のギアボックスもラインアップしており、それによって再生可能エネルギーによる発電においても大きな役割を担っています。幅広い製品ラインアップによるメリットは、経済循環による影響を受けにくいというだけに留まりません。自動車産業で培われたテクノロジーとプロセスのノウハウは、農業機械や建設機械等、自動車と比較すれば台数は限定されますが高度な個別化が必要となる、自動車に近い他の業界にも転用が可能です。