ZF 2025戦略

急激な変化に直面する自動車産業 ZFがその変化を主導します

明確な戦略目標のもと、ZFは幅広いシステム・ソリューションを備えたテクノロジー企業のトップを目指します。

創業以来、ZFのアイデンティティは品質、技術面のリーダーシップ、そして革新性によって確立されてきました。時代をリードするテクノロジーによってモビリティを安全に、効率的に、そして持続可能なものとする力は、未来に向けても引き続き私たちの仕事の原動力であり、私たちの行動規範です。

この数年間、私たちはグローバル市場の重要な課題に着実に対応するため、ZF 2025年戦略を策定し、未来の発展に向けた大切な基礎を構築してきました。こうすることで、ZFは業界全体の新たな競争の場となる、大規模な市場変化に備えています。この変化には、中国のような長期的成長市場の勃興や、デジタル化に向けた新規参入企業や技術の多様化などがあります。電気駆動、ネットワーク接続の普及、そして自動運転により、モビリティは根本から姿を変えることになるでしょう。

積極的にこの変化の一翼を担うという意識のもと、ZFはこうした変化に合わせてグループ全体の再構築を実施しています。その一例が米国企業TRWオートモーティブ社の統合によるActive & Passive Safety Technology事業部の設立や、E-Mobility事業部の設立です。これらは安全、効率、自動運転の領域において、ZFが革新的技術によって目指すモビリティ形成の方向性を示しています。これを達成するため、今後当社が力を注ぐ5つの戦略目標を定めました。

未来のモビリティに向かうメガトレンド

ZFは効率、安全、自動運転というメガトレンドに相応しいすべてのテクノロジーを融合させ、未来に向けた備えを万全にしています。

燃費と排出ガスの極めて低い自動車がすでに実用化されています。また、電動化の浸透が効率をさらに加速しています。エネルギー消費に影響する車載システムのネットワーク化がさらに進み、路面や走行ルート等の環境情報をシステムに取り込めるようになれば、もっと多くの可能性を引き出すことができます。

センサーや高解像度カメラだけでなく、ソフトウェアのアルゴリズムや車載コンピューティングがそれを可能にします。遠くない将来、車載インテリジェント・システムにより、ドライバーの判断とは別に独自で危険な状況の検知や判断、さらには、それに対して自動ブレーキや危険回避のためのステアリング操作による迅速かつ正確な応答といったものが実現するでしょう。これにより、安全が一段高いレベルに引き上げられます。

この技術はすでに実用化されています。センサーが周囲の状況を正確に記録し、カメラが車線のモニタリングだけでなく交通標識まで「読み取り」、車載制御ユニットがこの情報を使って最適な取り回しを計算し、操舵システムやブレーキ、駆動系まで自動で制御します。これが未来交通の特色である自動運転の要素技術です。

ZFが実現する未来のモビリティ