効率

いかにして自動運転を推進するか

ZFの プラグイン・ハイブリッド・トランスミッション を搭載した乗用車なら、燃料エンジンにまったく頼ることなく、最高時速120kmの走行が可能です。搭載するバッテリーにもよりますが、電気走行だけで航続距離が最長で50kmまで延長されました。こうなれば、日常走行で燃料エンジンが必要となるケースはかなり減ることになります。

企業競争において、品質は基本となる前提条件です。また、効率的な コスト管理と購買管理により、ZFの顧客は信頼性の高い製品とサービスを競争力のあるコストで調達できます。

高出力かつ低排出

高い費用対効果と同等以上の出力かつ低排出。最高水準の乗用車用駆動系の実装においては、これが達成目標となります。電気駆動は、今日特に必要とされているソリューションです。このようなソリューションは、厳しさを増す競合環境とコスト・プレッシャーに歩調を合わせると同時に、効率は求めても運転の楽しみは損なわないという、今まで以上に高い顧客の期待にも応えなければなりません。

すでに多くの量産車種で使われているハイブリッド・モジュール各種やプラグイン・ハイブリッド・システムから、2016年より量産が見込まれている全電動リア・アクスル・ドライブに至るまで、ZFはこうした期待に応えるすべてのものを取り揃えています。その一方、従来型の駆動系もしっかりと視野に入れています。世界中で実績のある8速オートマチック・トランスミッションの第二世代製品がその一例で、すでに高効率を達成している前世代製品よりもさらに省燃費となっています。

低コストでも最高品質

信頼のおけるテクノロジー。これがすべての製品用途における決定的要因です。製品ポートフォリオの多様性がこの点においても貢献しています。この貢献が途絶えぬよう、ZFは顧客志向の精神をグループ全体に浸透させています。この姿勢は、製品戦略や品質をはじめ、スペアパーツの取り揃えやグローバルなサービスネットワークまで、あらゆる面に反映されています。

経済性に優れたコストでありながら製品とサービスの最高品質を保つために、ZFはTRWの統合によって新たなシナジー効果を発揮しています。知識の共有と共通の標準化をさらに進めることにより、製品の品質は一段と高まっています。資材調達も一元化を進めており、これがコスト構造にも好影響となって表れています。