変革の形成

未来がもたらす挑戦と機会

デジタライゼーションが社会とビジネスに急速な変化をもたらしています。これほどまでに急激でダイナミックな変化は、これまでにはなかったことです。殊に自動車産業においてそれが顕著です。2013年には、世界のコンピュータが生成するデータ量は約2億3千万テラバイトでした。ある調査によれば、これだけでも信じがたいほどの大量のデータ量が、2020年までにはその約5倍、10億テラバイトに達するとされています。

電子データによって、ビジネスや商取引までもが変容しつつあります。モノのインターネット(IoT)によって、多くの分野で生み出される未来の産業用製品や消費者製品の生産様式が、これまでにも増して大きく変わります。IoTの発達により、人々の生活や関わり合いの様式が変わってきています。現在、世界人口の半数以上が大都市に集中していますが、2050年までには、それが3分の2に増える見込みです。これにより、人々のQOL(生活の質)により深く影響することとなるでしょう。今日の大都市における大気汚染は、すでに燃料エンジンに依存したモビリティ社会を容認できる限界に達しています。それに加え、CO2の排出により、気候変動が加速しています。こうした変化は為政者たちに警鐘を鳴らし、国際・国内双方の排出規制に影響する、地球規模の気候変動関連合意の締結という結果につながっています。全体としては、社会からはこうした喫緊の課題に対するより早期の回答が待たれており、その実現も同様です。モビリティの観点からは、これらのメガトレンドに対応する、既存・新規双方の企業からその答えが提供されてきています。その目に見える兆しがEモビリティであり、より具体的には、局所的ゼロエミッションのモビリティなのです。そのほかのトレンドには、コネクテッド化や自動・自律運転の拡大等があり、いずれも安全性を大幅に高める技術です。

地球全体の気候: 止まぬ温暖化

排出ガス削減は、重要な社会的責任でもあります。これによって気候変動が抑制され、都市部の大気の質が改善されます。このことから、法案化される指針は厳しさを増すばかりです。排出ガス削減技術の活用が求められるのは、こうした理由があるからです。1951年から1980年までの平均気温を基準とすると、現在の平均気温ははっきりとわかるほどに上昇しています。

デジタライゼーション 人と機械のコネクテッド化の拡大

コネクテッド化が進む世界を象徴する数々のものの一例が、食材の補給を自ら発注する冷蔵庫です。その実用化はすでに始まっています。産業や資材管理の一要素として成長してきたモノのインターネットが、今や人々の日常生活を対象に、大きな一歩を踏み出しつつあります。

ZFの変革の姿について、詳しくはこちらをご覧ください。

詳細情報