トッドソフトウェア試験技師

仕事の内容

ハイブリッド駆動系が米国市場の特殊要件を満たすには、どのようなものにすればよいか。ZFが培ってきた20年の電気駆動技術をその開発にどのように活かせるか。これがトッドが取り組んでいる課題です。カー・パワートレイン・テクノロジー本部オートマチック・トランスミッション事業部のソフトウェア試験研究技師として、彼は電動システムとハイブリッド・システムの駆動系や、トランスミッションに使うソフトウェアとアプリケーションを担当しています。

「私はZFに見られる多様な文化や拠点展開、そして仕事が好きです。」

ZF入社の経緯

トッドは電子工学とコンピュータ工学を学びました。エンジニアとして、通信企業やさまざまな自動車メーカー、部品メーカーの生産と開発現場での勤務経験があります。ある年、デトロイトで開催される北米国際オートショー(NAIAS)の就職相談日でZFのことを知り、同じ年にインターンシップとしてZFに勤めるようになりました。