ハンネスITイノベーション・マネジメント・プロジェクト・マネージャ

仕事の内容

優れたITソリューションをどのように使えば、生産部門の社員に対するサポートを向上できるのか。インダストリー4.0のアプリケーションのうち、どれが生産部門にとって有用なのか。ハンネスがITイノベーション・マネジメント部門のプロジェクト・マネージャとして取り組むのは、こうした疑問です。彼の仕事は、生産部門で日に日に進むデジタル化プロセスの監督と、ZFで活用できそうな斬新で革新的なソリューションの研究調査です。また、これ以外にも、仮想現実(VR)アプリケーション用の眼鏡やマシンラーニング(機械学習)を使った拡張現実(AR)のアプリケーションを、どのようにZFに応用できるかについても研究しています。

「新しいコンセプトをZFに導入するというのが私の仕事のひとつです。やってみるととてもわくわくする仕事です。」

ZF入社の経緯

ハンネスは、ビジネス情報工学の学位を持っています。ZFには元々インターンシップの研修生として勤め、複数の国際拠点で仕事をしました。ZFを選んだ理由のひとつが、その魅力的な教育研修プログラムでした。これをきっかけに現在はプロジェクト・マネージャとしてZFに勤務し、特に重要なのが生産や品質に関わるプロジェクトの責任者という役割です。